費用対効果の高い宣伝手法

フィルム

視聴者の属性ごとに配信

企業の宣伝活動を担う広告の掲載メディアはテレビやラジオ・新聞・雑誌といった既存メディアだけでなく、近年ではインターネットが重要視されるようになりました。中でも影響力の大きい動画投稿サイトは企業宣伝の場としても極めて効果的で、TrueViewと呼ばれる動画広告の人気が高まっています。動画投稿サイトのアカウントを最大限に活用することにより、視聴者の属性に合わせて広告動画を最適化できる点がTrueViewで一番のポイントです。動画の検索キーワードもTrueViewに有効活用されており、キーワードから読み取れる視聴者の興味を広告配信に反映させることができます。TrueViewはクリック課金広告サービスを通じて配信されていますが、その料金はオークション形式で決定されるという点も大きな特徴です。TrueViewに参加する企業は入札単価を自由に設定する権限を持ち、想定した予算以上の費用がかかることはありません。その点で極めて合理的に設計されているTrueViewは、あらゆる広告の中で最も費用対効果の高い手法と言えます。費用対効果の面ではTrueViewの中でも動画視聴開始前に再生されるインストリーム広告が特出しており、30秒以上再生されなければ課金されない仕組みです。5秒間再生された時点で視聴者は広告動画を自由にスキップできるようになっているため、興味を持ったユーザー以外は課金の対象となりません。この他にも検索結果画面に応じて表示されるインサーチや、関連動画として表示されるインディスプレイなどのフォーマットがTrueViewで利用できます。動画投稿サイトから自社サイトに誘導するためのオーバーレイ広告も含めたTrueViewの運用には、フォーマットやキーワード等の設定作業も欠かせません。そうした複雑な設定や運用の知識を持たない企業では、TrueView広告代行サービスが人気を呼んでいます。

Copyright© 2018 動画マーケティングの情報【幅広い年齢層に広告宣伝】 All Rights Reserved.